スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

開花情報4月25日  

北斗市~福島町~松前町


今回は函館市の西側、松前半島方面を回ってきました。
すでに多くの花が咲き始めており、スミレもオオバキスミレ、アオイスミレ、スミレサイシン、タチツボスミレ、オオタチツボスミレ、ツボスミレ、ナガハシスミレの7種の開花を確認。
また松前町ではナガハシスミレ×オオタチツボスミレ(通称イワフネタチツボスミレ)、ナガハシスミレ×タチツボスミレ(通称なし)の2交雑種を観察できました。
両種とも大きな群落を作っており、見応えがありました。

同定の根拠は以下の通りです。

・イワフネタチツボスミレ
IMG_6009.jpg

・距は白く、長さはオオタチツボとナガハシの中間ほど
・花弁は大きくて円く(オオタチツボの特徴)、正面が平開する(ナガハシの特徴)
・葉はつやがあり(ナガハシの特徴)、質は柔らかく波打つ(オオタチツボの特徴)


・ナガハシスミレ×タチツボスミレ
IMG_6096.jpg

・花の印象はイワフネタチツボスミレに良く似るが、距は鮮やかな紫色
・葉は小さく、質は硬め
・花柄は有毛
周囲のナガハシスミレ、オオタチツボスミレおよび上記のイワフネタチツボスミレは花柄が無毛の個体群であり、タチツボスミレはすべて花柄有毛の個体群であったことから、雑種であると判断しました。


スミレの雑種は総合的な判断が必要になるので同定は慎重に。


IMG_6063.jpg
ナガハシスミレ×タチツボスミレの群落

IMG_6086.jpg
同上

IMG_5828.jpg
オオバキスミレ

IMG_5908.jpg
【ナガハシスミレ 福島町】

IMG_5997.jpg
アオイスミレ 濃紫色の個体


木村

category: 自然情報(花)

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。