スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

大間航路1月31日  

天候:曇り

場所:函館‐大間航路(函館930-1110大間1420-1600函館)

参加者 4年:倉沢
      3年:木村
      2年:戸梶、日下部

確認種
 1. アビ
 2. オオハム
 3. シロエリオオハム
 4. ウミウ
 5. ヒメウ
 6. ビロードキンクロ
 7. ウミアイサ
 8. トビ
 9. オオセグロカモメ
10. カモメ
11. ウミネコ
12. ミツユビカモメ
13. ハシブトウミガラス
14. ウミスズメ
15. ウトウ

南東の風が吹き荒れ、大荒れの航路となりました。
往路は残り20分というところで責任者判断により調査を中止。
戸梶君は調査開始40分ほどでダウンしていました。お気の毒。

全体的に鳥が少なく、特にウミスズメ類がほとんど出ませんでした。
ハシブトウミガラスは往復で20羽ほど。ほぼ全てが着水個体で、函館側に多いようでした。
ミツユビカモメが群れで西へ向かっていたのは意外でした。この時期にも渡っているのでしょうか。気になるところです。


木村

category: 航路調査

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。