大間航路1月30日  

天候:晴時々雪 風向:西 風速:6 m/s

場所:函館-大間(9:30~11:10, 14:20~16:00)

参加者 M1:木村、阿部
      B4:戸梶
      B2:枷場


確認種:
 1. ハシジロアビ
 2. アカエリカイツブリ
 3. カンムリカイツブリ
 4. ウミウ
 5. ヒメウ
 6. ウミアイサ
 7. オオセグロカモメ
 8. シロカモメ
 9. カモメ
10. ウミネコ
11. ミツユビカモメ
12. ハシブトウミガラス
13. ウミスズメ
14. ウトウ


前回同様に強い西風が吹き、最高気温はマイナス4℃と冷え込んだ航路でした。
そんな中でも鳥は多く、適度に忙しい調査となりました。

ハシブトウミガラスは単独から2羽を中心に往復30羽出現しました。
しかしウミスズメは復路で2羽の小群が3回見られたのみ。
昨年の同時期とは正反対の結果となりました。

また復路の函館湾入口付近では本航路初記録となるハシジロアビが1羽出現。
見慣れたオオハム類よりも二回りほど大きく、迫力がありました。


IMG_9287.jpg
【ハシブトウミガラスとウトウ】
ハシブトウミガラスの方がより胴が大きく見え、白い部分が非常に目立ちます。

IMG_9317.jpg
【ハシジロアビ】背景は函館山の西側斜面。


M1 木村

category: 航路調査

コメント

祝・ハシジロアビ♪

冬期の調査は寒くて大変ですね。 皆さん風邪など引かれませんように。

この度はハシジロアビの航路初記録、おめでとうございますv-315
続々と嬉しい初記録が生まれますね♪

ハシブトウミガラスとウミスズメは昨年の同時期と正反対の出現率で興味深いです。
長期に渡って定期的な調査を行なうと、このような貴重なデータが生まれますね。

ブトウミとウトウの飛形の違いは大変参考になりました♪

ハシジロアビは迫力がありますね!!
綺麗な飛翔姿、素晴らしいですe-267
大きいというのも感動しますね! 独特の形をしている嘴が面白いです♪

URL | nivalis #-
2011/02/02 18:05 | edit

コメントの投稿

Secret