大間航路1月15日  

天候:晴時々雪 風向:北西 風速:5 m/s

場所:函館-大間(9:30~11:10, 14:20~16:00)

参加者 M1:木村
      B4:戸梶、速水
      B3:山下
      B2:枷場、加藤


確認種:
 1. シロエリオオハム
 2. カンムリカイツブリ
 3. ウミウ
 4. ヒメウ
 5. スズガモ
 6. ウミアイサ
 7. オオセグロカモメ
 8. カモメ
 9. ウミネコ
10. ミツユビカモメ
11. ハシブトウミガラス
12. ケイマフリ
13. ウミスズメ
14. ウトウ

15. アビsp.

16. キタオットセイ


2011年初の調査は最高気温マイナス3℃と冷え込んだ中で行いました。
北西風のため往路は快適でしたが、復路は冷たい風を受けながらの調査となりました。

往路は出港10分後に本航路初となるケイマフリが出現。
ハシブトウミガラスとはバランスの違うシルエットが特徴的です。
函館どつく方面へ飛去しましたが、周辺で越冬する可能性もあります。

また復路ではハシブトウミガラスの50羽もの群れが出現しました。
太陽の光で白く輝きながら列になって飛翔する姿は圧巻です。

例年11月から3月まで見られるハシブトウミガラスですが、昨冬はほとんど見られませんでした。
今季は初認こそ遅れたものの、コンスタントに出現してくれます。
これからの厳冬期、その他のウミスズメ類にも大いに期待できます。

032.jpg
【ケイマフリ】撮影:戸梶(B4)

IMG_8994.jpg
【ハシブトウミガラス】

IMG_9003.jpg
【ウミスズメ】


M1 木村

category: 航路調査

コメント

祝・ケイマフリ初記録

北水研の皆さん、いつも航路調査、ご苦労様です。
冷たい風を受けながらの2011年の初調査、本当にお疲れ様でしたm(__)m

ケイマフリの初記録、嬉しいですねe-343
越冬の可能性もあるとのことで更に嬉しいです。
翼の短い丸っこい飛翔姿が可愛いですねe-328

ハシブトウミガラスも50羽の群れとは驚きました!
海上に連なる白い光の列が綺麗ですねv-352

可愛いウミスズメも撮れてラッキーでした♪

厳冬期でも鳥は元気ですね。
皆さんも寒さに負けず、鳥見を楽しんで下さい。

URL | nivalis #-
2011/01/21 04:25 | edit

コメントの投稿

Secret