大間航路11月27日  

天候:晴 風向:北西 風速:2 m/s

場所:函館-大間(9:30~11:10, 14:20~16:00)

参加者 M1:木村
      2年:加藤、枷場、上條


確認種:
 1. シロエリオオハム
 2. ウミウ
 3. ヒメウ
 4. トウゾクカモメ
 5. セグロカモメ
 6. オオセグロカモメ
 7. カモメ
 8. ウミネコ
 9. ミツユビカモメ
 10. アカアシミツユビカモメ
 11. ウミスズメ
 12. カンムリウミスズメ
 13. ウトウ

鳥見の予定を事情により急遽航路調査に変更。
風は弱く、波もない穏やかな海でしたが、気温はかなり低め。
2年生には冷え込んだ日の航路の怖さを知ってもらいました。

往路は函館山沖の調査範囲外で500羽以上のカモメ類が休んでいた他は、特筆すべき点は
ありませんでした。
航路でのカモメ識別の解説中に手が滑ってペンを海中投棄してしまったくらいです。

復路は一転ウミスズメ類が多く出現し、特にウトウは70羽近く見られました。
出航20分後にはカンムリウミスズメと思しき個体も単独で出ました。
双眼鏡での観察には遠い距離でしたが頭部の模様に違和感があったので撮影したところ、
カンムリウミスズメと思われる模様をしていました。

また出航40分後、東に飛び去るミツユビカモメの中に怪しい個体を発見、観察しました。
ぱっと見て翼後縁の白色部が目立ち、ミツユビカモメ第一回冬羽にしては尾羽の黒帯がなく、
雨覆は一様に灰色でかなり特徴的なパターン。
タイミング悪く日が当たっていない場所で撮影感度を上げていたため写真はひどいですが、
おそらくアカアシミツユビカモメ第一回冬羽と思われます。

今季は道内各地でアカアシミツユビカモメが多数観察されており、稀に見る大当たりと
言われていたため、ようやく津軽海峡でも出てくれたかという気持ちです。
12月に入るとミツユビカモメは減り始めますがまだまだ可能性はありますので、次に出現した
ときはしっかりと撮影したいと思います。


IMG_7269.jpg
【カンムリウミスズメ?】上下は同一個体。顔が一様に黒く、頭頂の白色部が目立っています。

IMG_7335.jpg
【アカアシミツユビカモメ第一回冬羽】
すべて同一個体。ボケてる上にノイズがひどいですがギリギリ特徴が写っています。

IMG_7355.jpg
【ハヤブサ成鳥】いつもの場所に。


木村

category: 航路調査

コメント

Re: 大間航路11月27日

アカアシは良さそうだね!大間港路初記録だね!

カンムリはちょっと厳しいねぇ・・・ウミスズメでもこの時期に冠羽がある個体もいるからね。

URL | kura #-
2010/11/27 22:35 | edit

Re: 大間航路11月27日

この距離はちょっと厳しいですかねー。
観察時は頭の白よりも顔の黒さに違和感がありました。
ウミスズメだと遠くても顔が白いですが、それがなかったので…。

アカアシ出てよかったです。今年を逃すと津軽海峡では厳しかったですね。

URL | kim #unRfcHoo
2010/11/28 23:37 | edit

祝アカアシミツユビ♪

アカアシミツユビカモメの初記録、嬉しいですねv-315
また出てくれるといいな。
カンムリちゃんは今時期生殖羽なのね~(@_@)
今度は良い条件で撮影できるといいね。

赤い灯台のハヤブサ、渋い色に染まった山や町を背景に綺麗ですね~v-352
灯台守みたいな子ですね(^o^)

手が滑ってペンを・・・、とっても寒かったのね。
いつもご苦労様です。
2年生の皆さんも寒い航路調査、お疲れ様でしたm(__)m

URL | nivalis #-
2010/11/29 17:53 | edit

コメントの投稿

Secret