スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

大間航路11月23日  

天候:晴 風向:北西→北 風速:4 m/s

場所:函館-大間(9:30~11:10, 14:20~16:00)

参加者 M1:木村
      2年:太田


確認種:
 1. ミナミオナガミズナギドリ
 2. ハイイロミズナギドリ
 3. ウミウ
 4. ヒメウ
 5. ウミアイサ
 6. トウゾクカモメ
 7. セグロカモメ
 8. オオセグロカモメ
 9. カモメ
 10. ウミネコ
 11. ミツユビカモメ
 12. ウミスズメ
 13. ウトウ

前日の嵐が寒気を運んできたのか、一気に気温が下がりました。
往路は北西風が強く鳥は少なめでしたが、ミツユビカモメは100羽程度見られました。
また同乗されていた鳥屋の方の情報では、コアホウドリが1羽見られたようです。
残念ながら調査範囲内では出現しませんでした。

復路は風向が北に変わり、進行方向もあって冷たい風を受けながらの調査となりました。
しかし鳥は往路よりも多く、トウゾクカモメ10羽、ミツユビカモメ500羽前後が見られました。
そして目玉は出航15分後に単独で出たミナミオナガミズナギドリ。
本航路では2006年11月11日に30羽前後が見られた以来4年ぶりの記録となります。
発見時はかなり近かったですが、タイミングが悪く写真を残すことができませんでした。

今シーズンは北海道沿岸でかなりの数のミナミオナガが見られています。
海鳥を見る方が増えたのもあるとは思いますが、当たり年でもあるようです。
この航路でももしかしたらまだチャンスがあるかもしれません。
こういう時に限って調査に来られない現代表もぜひ頑張ってください。


IMG_7166.jpg
【ハイイロミズナギドリ】換羽中で上面に模様があるように見えます。

IMG_7187.jpg
【トウゾクカモメ】

IMG_7209.jpg
【トウゾクカモメ】上とは別個体。


せっかくなので06年のミナミオナガの写真を載せておきます。

792b14810836d147cc2584b16199d471.jpg
【ミナミオナガミズナギドリ 2006年11月11日 函館-大間航路 撮影:倉沢】

この日の航路の様子は倉沢さんのブログを御覧ください→こちら


木村

category: 航路調査

コメント

祝ミナミオナガ♪

2度目のミナミオナガ記録、おめでとうございますv-315
すでにちゃんと記録があったのですね! さすがkura君!

伝説の2006年11月11日、ミナミオナガが35羽!!
そんな凄いことがあったなんて・・・。 嵐の後には奇跡が?

ハイイロミズナギドリ、換羽中だと上面に模様があるように見えるのですね(@_@)
トウゾクは相変わらずカッコイイです♪
荒れた海にナイスな翼がよく似合いますねv-352

ミツユビカモメが500羽前後も素晴らしい♪
冷たい風を受けながらの調査、本当にお疲れ様でしたm(__)m

URL | nivalis #-
2010/11/24 18:44 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。