海岸調査4月11日  

天候:晴れ

参加者:木村、戸梶


4月1日~30日は北海道一斉海岸調査の期間です。
当研究会は今年も渡島地域のよく鳥見へ行く海岸を中心に調査をしています。

11日は学校から近い七重浜周辺でセンサスを行いました。
大野川河口周辺では漂着物も少なく、死体もウミアイサの古いものが一つのみでした。

しかし七重浜海岸の方は、相変わらずの漂着物(ゴミ)の多さ。
死体はオオハム類2、カモメ1、ウミアイサ1。
オオハム類2個体のうち1個体は油に見えるものが付着していました。

以下は写真です。
IMG_7466.jpg
【カモメ幼鳥 全身 油なし】

IMG_7475.jpg
【オオハムsp. おそらくオオハム 年齢不明 全身 油状のものが付着】

IMG_7478.jpg
【同上】

死因は不明ですが、死体が完全な状態で残っており、外傷などが見られないことから油が関係している可能性も考えられます。

IMG_7485.jpg
【オオハムsp. 種・年齢不明 油確認できず】

こちらの個体は損傷が激しく、また砂が多量に付着しており、油などの確認はできませんでした。

これらの死体は約50mの範囲内で確認されました。
この場所が漂着物が溜まりやすい場所ということもありますが、ちょっと多い気もします。

海鳥は全体的に少なく、カモメ類とハジロカイツブリ、スズガモなどが少々見られたのみでした。
また油曝と思われる個体は確認されませんでした。

ちょっと珍しいものも見られました。

IMG_7486.jpg

現場では種類が全く特定できなかった陸鳥の死体。
足環が付けられており、調べてみるとレースバト協会のものでした。
1996年のもののようです。


IMG_7510.jpg

大型哺乳類の水死体。
写真ではわかりづらいですが、デカイです。


木村

category: 活動報告

コメント

Re: 海岸調査4月11日

素晴らしい調査ですね~。 先輩達の分まで頑張ってますね。
私もこれくらいできれば・・・・。

海鳥の死体が多いのが気になりますね。

最後の水死体には笑えましたが、こんな可愛い哺乳類を捨てるなんて酷ですね。

URL | nivalis #-
2010/04/13 17:58 | edit

コメントの投稿

Secret