スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

大間航路12月23日  

天候:晴れ後曇

場所:函館-大間(函館930-1110大間1420-1600)

参加者: 3年:戸梶、日下部
      4年:木村
      M1:倉沢

確認種:
 1. アビ
 2. オオハム
 3. シロエリオオハム
 4. ハイイロウミツバメ
 5. ウミウ
 6. ヒメウ
 7. コクガン
 8. クロガモ
 9. オオセグロカモメ
10. セグロカモメ
11. カモメ
12. ウミネコ
13. ミツユビカモメ
14. ハシブトウミガラス
15. ウミスズメ
16. ウトウ


西風が強く、海面に三角波が多くできており、着水個体が見づらい状況でした。
鳥は函館側に多く、大間側に進むにしたがって少なくなっていきました。

オオハム類の多さは特筆もので、往復60羽近く見られました。
すべて太平洋側から日本海側へ向かって飛翔しており、渡りと思われます。

この時期にしてはハシブトウミガラスが見られず、復路で1羽のみでした。

IMG_5084.jpg
【シロエリオオハム】

IMG_5132.jpg
【ウミスズメ】


木村

category: 航路調査

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。