2013年海岸調査  

2013.05.18 七重浜

天気 晴れ

参加者 枷場、伊藤、服部

調査を開始してすぐにウミネコのきれいな死体を発見しました。油曝個体は見つかりませんでした。
途中でキアシシギに、終点の久根別川ではユリカモメの群れに遭遇。

2013.05.25 大森海岸

天気 曇り

参加者 伊藤、石丸、稲田、吉田

ウミネコ、カイツブリ類の死体が見られました。油曝と思われる海鳥はいませんでした。


以下は写真です

キアシシギ 七重浜

キアシシギ 七重浜

ユリカモメ 七重浜

ユリカモメ 七重浜


文責 伊藤






category: 活動報告

【番外編】青森クラゲ情報5月19日  

フェリーで海を越えて青森に行ってきました。

もちろん!!!!










クラゲも調査してきました!

函館とは海流や水塊が異なるからか、新たな出会いがありました。

969089_467476200005490_403815391_n.jpg
<キタユウレイクラゲ>

969202_467476270005483_2010758355_n.jpg
<カミクラゲ>

005.jpg
<カミクラゲ>


キタユウレイクラゲは、傘を収縮させた時に写真のように16個の縁弁にわかれ、星のような形になるとてもかわいらしいクラゲです。

カミクラゲはたくさんの触手が髪のように伸び、また非常に複雑な内部構造を持ちます。
日本固有の大変美しいクラゲです。

津軽海峡を挟んだ青森と函館で出現する種の違いも興味深いですね。



B3 石丸

category: 自然情報(水棲生物)

鳥情報5月18日、19日  

引き続いて鳥情報です。花を見ている時にやって来ました。夏鳥・旅鳥増えてますね。

函館市

オオルリ
キビタキ
コサメビタキ
エゾムシクイ
マミチャジナイ

など

IMG_32911.jpg
<オオルリ>

IMG_34841.jpg
<コサメビタキ>

IMG_35431.jpg
<マミチャジナイ>

M1枷場

category: 未分類

開花情報5月18日、19日  

函館市

オオバキスミレ
フチゲオオバキスミレ
ミヤマスミレ
タチツボスミレ
オオタチツボスミレ
オトメスミレ
ニオイタチツボスミレ
ヒゴスミレ
オオサクラソウ
シラネアオイ
ニリンソウ
キクザキイチゲ

など

スミレの季節がいつの間にやら来ていました。ニオイタチツボスミレが昨年見た時より開花株が多くてしばらく見入ってしまいました。逆にオトメスミレは終わり始めに見えたので昨年見た時期とずれていたのかもしれません。
また、林道脇のニリンソウ群落の中に昨年に引き続きミドリニリンソウを見つけることができました。

IMG_34441.jpg
<ニオイタチツボスミレ>

IMG_34341.jpg
<ヒゴスミレ>

IMG_33411.jpg
<オオサクラソウ>

M1枷場

category: 自然情報(花)

クラゲ情報5月13日  

函館にもようやく春の気配が感じられるようになりましたね。
そろそろクラゲも増えてくるかな...ということで、函館港でクラゲを見てきました。


この日は風もなく波も穏やかで絶好のクラゲ日和でしたが、なかなか見つからず苦戦していると...









いました!サルシアクラゲです!
サルシア5_13
<サルシアクラゲ>


サルシアクラゲはヒドロ虫綱という分類群に属すクラゲで、傘の中央からのびる長い部分は口柄といって先端が口になっています。この口柄を傘の外へ突き出すようにして泳ぎます。


B3 石丸

category: 自然情報(水棲生物)

開花情報4月20日  

大幅に遅れましたが4月20日の開花情報です。
このころは函館の雪解けが遅いためのんびりしていたのですが、行ってみると昨年より開花が進んでいるような印象でした。

・松前町
アオイスミレ
ナガハシスミレ
キクザキイチゲ
カタクリ
キバナノアマナ
ニリンソウ
エゾエンゴサク
エンレイソウ

・北斗市
フクジュソウ
キクザキイチゲ
ミズバショウ

IMG_21521.jpg
<アオイスミレ>

IMG_21671.jpg
<ナガハシスミレ>

IMG_22311.jpg
<カタクリ>

M1枷場

category: 自然情報(花)