スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

クラゲ情報4月20日  

函館港でクラゲの観察・採集を行いました。
098.jpg

最も多く観察できたのはシロクラゲです。
生殖腺が白~クリーム色をしていることからその名がついています。
159.jpg


こちらは有櫛動物のフウセンクラゲです。櫛板という板のようなものをドミノ倒しのように動かして遊泳します。
今回の調査では2個体が確認できました。
145.jpg


B3 石丸
スポンサーサイト

category: 自然情報(水棲生物)

哺乳類情報4月13日  

函館近郊の山でネズミを見つけました。
何枚か撮った写真から調べてみましたが、どうやらエゾヤチネズミのようです。

エゾヤチネズミ(ブログ用)
<エゾヤチネズミ>

シマリスがよく観察される石垣の間に見つけました。
警戒心が強く、ちょっとした物音などですぐに隠れてしまいましたが、頻繁に顔を出して様子をうかがっていました。

シマリス(ブログ用)
<シマリス>

また、冬眠から覚めたシマリスも見つけることができました。


B4 君島裕介

category: 自然情報(哺乳類)

航路調査3月17日  

天候:晴れ→曇り 風向:南西 風速:8 m/s

場所:函館ー大間(9:30~11:10、14:20~16:00)

参加者: B4 加藤
        枷場
      B3 伊藤
        山木

確認種:
1、ウミウ
2、ヒメウ
3、クロガモ
4、オオセグロカモメ
5、カモメ
6、ウミネコ
7、ミツユビカモメ
8、ウトウ
9、ハシブトウミガラス
10、ウミスズメ

11、キタオットセイ


真冬の寒さも和らぎ始め、寒さでつらい調査時期もやっと終わりに近づいてきました。
今回は往復路合わせて、ハシブトウミガラスが40羽、ウトウが50羽程度を確認しました。
ウミスズメは先月よりも出現数が減り、復路で少数羽確認したのみでした。

また、4月から函館大間航路を新しく「大函丸」が就航するので、「ばあゆ」での航路調査は今回が最後となりました。
長い間お世話になった船とのお別れとあって少し寂しくもありますが、当サークルでは今後ともこの航路での調査を継続していきたいと考えております。

更新が遅れてしまい、失礼いたしました。


IMG_1709.jpg
<ウミスズメ(撮影:加藤)>

IMG_1800.jpg
<ハシブトウミガラス(撮影:加藤)>

山木

category: 航路調査

鳥情報4月9~12日   

小田島川河口~七重浜

スズガモ、キンクロハジロ、オオバン、マガン ほか


マガン
<マガン>



北生研に見学に来てくれた移行生(10人くらい)を連れて、北大水産学部キャンパス近辺の海岸沿いで鳥を観察してきました。
野鳥観察が趣味で自分の双眼鏡を持っている人から、野鳥観察自体初めてという人まで様々でしたが、楽しく活動することができました。
まだまだ新歓期なので、これからも平日朝の大学始まる前の時間での鳥見を企画していこうと思います。



君島 裕介

category: 自然情報(鳥)

2013年春新歓のお知らせ!(3/29追記)  

移行生の皆さん、函館キャンパスへようこそ!

そして、北方圏生物研究会のHPを訪れていただき、ありがとうございます!


このページでは北方圏生物研究会の2013年春の新歓について、最新の情報を掲載していこうと思います。

説明会や例会の日程などはこのページに掲載することになりますので、興味を持ってくれた方はこのページの情報をチェックしてもらえると便利です。






【新歓説明会について】

以下の日程で新歓説明会を行います。

4/5(金) ←サークル説明会にて、北方圏生物研究会のブースを設けます。
講堂で18時15分~19時30分

4/11(木)、16(火) 
厚生会館1階食堂で17時30分~

4/24(水)からは毎週水曜日17時30分から、食堂で例会を行います!








ところで、北方圏生物研究会とはいったい何者なんでしょうか?



P4150692.jpg

答.
北方圏生物研究会(略称:北生研(ほくせいけん))とは、北海道大学水産学部函館キャンパスを拠点に活動する生物系サークルです。

その名の通り、季節に応じて植物、鳥、昆虫など、様々な生き物を観察したりしています。

他にもただ観察をするだけではなく、サークルとして研究・調査も行っています。会としての調査には、これまでに津軽海峡の海鳥に関する調査、沿岸域の水鳥の調査などがあります。

サークルとして生き物を限定していないので、いろんな生き物が好きな部員が揃っています。(鳥好き、虫好き、花好き、・・・リス好き(?)という品揃え)
だいたいどんな生き物が好きでも北生研で仲間を見つけられると思います。

生き物好きが転じて生き物の写真を撮るために、やけに本格的な撮影機材を保有している部員もちらほらいます。
撮影風景
(※画像はあくまでイメージ)

毎週水曜日の例会で情報交換とかいろいろして、週末はフィールドに飛び出す!ということをしたい人にはお勧めのサークルです。


・・・北生研のこと、わかっていただけたでしょうか?(不安)




ホームページを見て少しでも興味を持ってくれたり、こんな文章じゃ何もわからん!と思った人は、ぜひ説明会に遊びに来て下さい!

お待ちしています!



北生研 HP担当 君島裕介(リス好き)

category: その他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。