スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

鳥情報10月29日  

函館山(7:00~12:00)

・ルリビタキ
・ベニマシコ
・キクイタダキ
・ノスリ 50+
・ハイタカ属 10+
など

ルリビタキを初認しました。何羽かいたのですが残念ながら真っ青な奴には出会えませんでした。
ベニマシコも初認。久々すぎて声がわかりませんでした。

見始めは10:00頃で最初はハイタカ属とノスリがちらほらでしたが、11:00くらいから大量のノスリが同じ方向からやってきて4、50羽のノスリ柱を作ってくれました。
ハイタカ属はオオタカとツミは確認できました。
その他ハヤブサ系も数羽確認しました。

IMG_1736.jpg
<ルリビタキ>

IMG_2145.jpg
<ノスリ>


B3 枷場


スポンサーサイト

category: 自然情報(鳥)

鳥情報10月27日  

北斗市

・Short Eared Owl コミミズク 1


IMG_5481.jpg


木村

category: 自然情報(鳥)

大間航路10月22日  

天候:雨 風向:東 風速:6 m/s

場所:函館-大間(9:30~11:10、14:20~16:00)

参加者 M2:木村
      M1:戸梶
      B3:枷場、志村
      B2:君島、伊達、小原、赤松、伊藤

確認種:
 1. コアホウドリ
 2. クロアシアホウドリ
 3. オオミズナギドリ
 4. アカアシミズナギドリ
 5. ハイイロミズナギドリ
 6. ウミウ
 7. トウゾクカモメ
 8. オオセグロカモメ
 9. セグロカモメ
10. ワシカモメ
11. カモメ
12. ウミネコ
13. ミツユビカモメ
14. ウトウ


大間マグロ祭り期間中ということで新入生を含め総勢9名で大間へ向かいました。
しかし東風が強く、新入生には途中で風の当たらない右舷へ移ってもらう程の天気となりました。

天気の割には鳥が少なく、アホウドリ類はクロアシ8、コアホウ1のみ。
トウゾクカモメも往復5羽とそれほど多くはありませんでした。

これから急に冷え込めばアビ類やミツユビカモメがたくさん入ってくるのではと思います。


IMG_5422.jpg
クロアシアホウドリ

IMG_5434.jpg
ハイイロミズナギドリ

IMG_5439.jpg
トウゾクカモメ


木村

category: 航路調査

大間航路10月15日  

天候:曇のち雨 風向:南→東 風速:1m/s

場所:函館-大間(9:30~11:10、14:20~16:00)

参加者 M2:木村
      B3:上條、枷場
      B2:君島

確認種:
 1.オオミズナギドリ
 2.ハイイロミズナギドリ
 3.ウミウ
 4.ヒドリガモ
 5.ウミアイサ
 6.トウゾクカモメ
 7.オオセグロカモメ
 8.カモメ
 9.ウミネコ
10.ミツユビカモメ
11.ウミスズメ
12.ウトウ

終始曇りの中での調査となりました。途中からパラパラと雨もふり、初めて来てくれた2年生は少し辛かったかもしれません。
鳥はトウゾクカモメ、カモメ、ミツユビカモメ、ウミスズメが今期初認となりました。
ウミスズメ系はこれから増えてくるはずなので今後に期待です。


B3 枷場



category: 航路調査

鳥情報10月14日  

函館山(5:40~12:30)

・Japanese Robin コマドリ 1
・Asian Brown Flycatcher コサメビタキ 1
・Grey Bunting クロジ 1
・Common Buzzard ノスリ 5
・Japanese Sparrowhawk ツミ 5
など。

小鳥も猛禽も少なめな印象でした。特に猛禽は2時間ちょいで計7羽。降りてからから3羽見たのみでした。

また、冬支度に勤しむ、頬袋をパンパンにしたシマリスをあちらこちらで見かけました。

IMG_12281.jpg
<ツミ>

IMG_1414.jpg
<コサメビタキ>

IMG_1208.jpg
<コマドリ>

IMG_1324.jpg
<シマリス>


枷場

category: 自然情報(鳥)

鳥情報10月13日  

函館山
・Mugimaki Flycatcher ムギマキ 4
・Eyebrowed Thrush マミチャジナイ 3
・Common Crossbill イスカ 10+
・Common Buzzard ノスリ 32
・Japanese Sparrowhawk ツミ 17
・Northern Sparrowhawk ハイタカ 10
・Northern Goshawk オオタカ 6
・Peregrine Falcon ハヤブサ 3
などなど。

小鳥が非常に少なく、アオジやクロジ、カシラダカも少数のみの確認。
ツグミやアトリ、イスカなど冬鳥が増え始めています。
タカはいまいちパッとせずぱらぱらと渡っていきました。


IMG_5203.jpg
ムギマキ♂若

IMG_5266.jpg
ハイタカ成鳥

IMG_5300.jpg
ツミ幼鳥

IMG_5333.jpg
オオタカ幼鳥


木村

category: 自然情報(鳥)

鳥情報10月9日  

函館山

・Mugimaki Flycatcher ムギマキ 5(♂A2、♂Imm2、♀1)
・Asian Brown Flycatcher コサメビタキ 1
・Siberian Flycatcher サメビタキ 1
・Siberian Rubythroat ノゴマ 2
・Grey Bunting クロジ 3
・Common Buzzard ノスリ 6
・Japanese Sparrowhawk ツミ 21
・Northern Sparrowhawk ハイタカ 2
・Northern Goshawk オオタカ 1
など。

七飯町横津岳(12:00~13:00)
・Common Buzzard ノスリ 2
・Northern Goshawk オオタカ 1
・Eurasian Hobby チゴハヤブサ 1
など。

北斗市大野(14:00~16:30)
・Bean Goose ヒシクイ 1
・Greater White Fronted Goose マガン 1
・Northern Goshawk オオタカ 1
・Common Kestrel チョウゲンボウ 1
・Merlin コチョウゲンボウ 1
など。

函館山には今年もムギマキが来ていました。10月中は多く見られます。
ただ山の木の実が不作で、例年多く見られた大型ツグミはほとんど見られず。
タカは午前中はノスリがほとんど上がらず、ツミがぱらぱらと渡っていくのみでした。

IMG_5056.jpg
サメビタキ幼鳥

IMG_5060.jpg
ツミ幼鳥

IMG_5142.jpg
マガンとヒシクイ


木村

category: 自然情報(鳥)

鳥情報10月3日  

北斗市

・Long Toed Stint ヒバリシギ 1
・Wood Sandpiper タカブシギ 1
・Common Snipe タシギ 13
・Merlin コチョウゲンボウ 4
など。

IMG_4999.jpg
コチョウゲンボウ♀type×2


木村

category: 自然情報(鳥)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。