油曝海鳥情報  

1. 2011年12月3日 森町沼尻漁港 ミツユビカモメ成鳥

汚染箇所: 胸~腹、雨覆、風切の一部
港内に浮いているところを確認。10分ほどで飛び立ちロスト。

IMG_1642.jpg


2. 2011年12月31日 北斗市上磯 カモメ成鳥

汚染箇所: 下顎、胸~腹、雨覆、風切の一部
砂浜海岸で確認。羽繕いを繰り返していた。

IMG_3562.jpg


3. 2012年2月25日 函館湾内 ミツユビカモメ成鳥

汚染箇所: 腹、脇、風切の一部
フェリー上から洋上に浮いていたところを確認。

IMG_4992.jpg


木村

category: 油汚染

油曝海鳥情報12月5日  

12月5日午後4時頃、森町沼尻漁港にて油曝と思われるオオセグロカモメ2個体を観察しました。

両個体は共に漁港脇を流れる水路で水浴びをしており、油の付着した箇所を気にしていました。

同じ場所では非常に多くのカモメ類を観察しましたが、他の汚染個体は観察されませんでした。

IMG_75511.jpg
【オオセグロカモメ第一回冬羽】
油曝個体A。胸から腹にかけての広い範囲、頭などに油状のものが付着。

IMG_75441.jpg
【オオセグロカモメ第一回冬羽】
油曝個体B。腹、頭に油が付着。肩羽付近に見えるのもそうでしょうか。


木村

category: 油汚染

油曝海鳥情報  

2月28日、函館市金堀町の海岸にて油曝と思われるアカエリカイツブリ1羽を観察しました。

IMG_6912.jpg

IMG_6863.jpg

左胸に大きな斑状の汚染部位が確認できます。
後頭部付近にも毛が濡れたような箇所がありますが、油かどうかは不明です。

発見当時は海上に浮いていましたが、そのうち砂浜に上陸しました。
少し衰弱している様子が見受けられました。

同所では多数のカモメ類を観察しましたが、他に油曝個体は見られませんでした。


木村

category: 油汚染

油曝海鳥情報  

12月24日、胆振管内むかわ町鵡川河口において油曝と思われるオオセグロカモメ成鳥1羽を観察しました。

DSC05487.jpg

写真でもわかる通り、胸から腹にかけて多量の油が付着しています。
また写真にはありませんが、翼を広げた際に雨覆下面にも油が付着しているのを確認しました。

油曝箇所が気になるようで、毛づくろいや水浴びを繰り返していました。
また、同日の河口周辺には多数の大型カモメがいましたが、油曝個体は確認した限りではこの個体のみでした。

この個体の動向が気になるところです。


報告および写真:木村

category: 油汚染

油曝海鳥情報  

DSC05162.jpg
【油曝カモメ 08.12.06 大森海岸】

DSC05164.jpg
【同上】

12月6日、大森海岸にて油曝と思われるカモメLarus canus成鳥1羽を確認しました。
写真でわかる通り、左胸付近に斑状に油が付着しています。
着水時、または浮遊時に海上を漂っていた油に触れたと推測されます。

油曝箇所が気になるのか、しきりに羽づくろいを繰り返していました。
同日の大森海岸では外洋の時化から避難してきたと思われるカモメ数百羽が観察されましたが、油曝個体はこの1羽のみでした。


木村

category: 油汚染