スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

航路調査 2月27日  

場所:函館―大間
天気:曇り時々晴れ
参加者:折野、神林、高橋

確認種

鳥類
ヒメウ
ウミウ
ウミスズメ
ウトウ
ウミネコ
カモメ
オオセグロカモメ
ミツユビカモメ
ウミアイサ
ハシボソガラス
アビsp
カイツブリsp

海棲哺乳類
キタオットセイ


@大間(航路での確認種除く)
ワシカモメ
シロカモメ
ホシハジロ
マガモ
カルガモ
コガモ
キンクロハジロ
スズガモ
コクガン
オオハクチョウ
ツグミ
カワラヒワ
スズメ
ハシブトガラス

kokugan by kamba
コクガン(撮影:神林)

風が強く寒い中の調査でしたが、大間にて多くのコクガンと遭遇でき、癒されました。
コクガンは110~120羽おり、採餌を行っている個体もいました。

これでしばらく、大間とはお別れです。

文:神林
スポンサーサイト

category: 航路調査

航路調査 1月30日  

場所:函館―大間
天気:晴れ時々曇り
参加者:武藤、折野

確認種
ヒメウ
ウミウ
ミツユビカモメ
ウミネコ
カモメ
オオセグロカモメ
ウトウ
ウミスズメ
カワアイサ
ヒヨドリ
ウミスズメsp
キタオットセイ

大間にて
ツグミ
オオハクチョウ
コクガン
スズガモ
キンクロハジロ
ホシハジロ
マガモ
ウミアイサ
など

1月30日は航路調査に行ってきました。この日は、風はほとんどなく、波も穏やかで鏡のような海面でした。そのため、鳥類を観察しやすかったです。のんびりしているオットセイも多く観察することができました。
大間では、冬鳥の観察を楽しめてよかったです。

コクガン
コクガン

文責:折野

category: 航路調査

航路調査 12月12日  

場所:函館―大間
天気:晴れ
参加者:折野、神林、武藤

確認種


・ヒメウ
・ウミウ
・ミツユビカモメ
・ユリカモメ
・ウミネコ
・カモメ
・オオセグロカモメ
・ウトウ
・ハシボソガラス

海棲哺乳類
・キタオットセイ
・ミンククジラ

往路時にミンククジラが船から20mほどの位置に出現しました。不意を突かれた出現と一度の確認しかできなかったため、写真を撮ることはできませんでしたが、美しい背中、背鰭の確認ができ、残りの調査を幸せな気分で行えました。

mituyubi by kamba
ミツユビカモメ(撮影:神林)


以上の種は航路調査時に確認した種です。
大間(ターミナルから徒歩10分圏内)では他の種の確認もありました。
・マガモ
・スズガモ
・ホオジロガモ
・ワシカモメ
・トビ

漁港にオオセグロの標識された個体がいました。
oose by kamba
オオセグロカモメ(撮影:神林)

文:神林

category: 航路調査

8月1日 航路調査  

7月末に行おうとしていた航路調査は延期を何度も重ねた結果、8月に入ってしまいました。
1日は曇りからの晴れで、日差しが「ああ、夏だ」と感じさせるほど強く、時間がたつにつれてじりじりと肌は焼かれていくような陽気でした。
肝心の調査結果は下に示します。

ウミウ
オオミズナギドリ
ウミネコ
オオセグロカモメ
アカエリヒレアシシギ

夏は鳥の種類が減りますが、それにしても1日は少なかったです。
フェリーにつく鳥も全然おらず、他の乗客も若干つまらなさそうにしておられました。
8月末に予定する次の航路調査も暑さに耐えて行いたいと思います。

文:神林

category: 航路調査

航路調査 6月21日  

場所:函館―大間
天候:晴、霧
参加者:高橋、橋本

出現種
・ウミウ
・オオミズナギドリ
・ウミネコ
・オオセグロカモメ
・ウトウ

函館出港時は快晴で、波も比較的穏やかであり、良い航路日和となりそうだった今回。しかし洋上は霧が立ち込めており、一時視野が200mを割ってしまいました。それでも後半はオオミズナギドリが継続的に姿を見せてくれました。


オオミズナギドリ
オオミズナギドリ(撮影:橋本)

ウミウ霧
霧中に消えるウミウ(撮影:橋本)


文責:すけ


category: 航路調査

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。