開花情報 7月20日、21日  

道南地域
オオウバユリ、エゾアジサイ、クモキリソウ、ヨツバシオガマ、ニッコウキスゲ、ツリガネニンジン、エゾカワラナデシコ、ハイオトギリ、クルマユリ、ヒツジグサ、ネジバナなどなど

ホームページのトラブルもあり、久々の更新になります。今回は夏の花を探しに行きました。2日あったのでいろいろな場所に行けてよかったです。

ニッコウキスゲ7・20
ニッコウキスゲ

エゾカワラナデシコ7・20
エゾカワラナデシコ



文責:おりりん

category: 自然情報(花)

航路調査 5月25日  

天候:晴れ→曇り
場所:函館・大間
参加者:神林・高橋

確認種
アカエリヒレアシシギ
ウミウ
ヒメウ
ウミネコ
オオセグロカモメ
ウトウ
オオミズナギドリ
ハシボソミズナギドリ
ハイイロミズナギドリ
カイツブリsp
カモsp
シギsp

集合時の天気は晴れ。晴れとはいえ眩しすぎず、調査に適した天気でした。
しかし、見られる生物は前回とほとんどかわらず、違う点といえばアカエリヒレアシシギが群れて見えた点。
ただ、このアカエリヒレアシシギはフェリーから遠くを飛び過ぎてゆくだけ。船についてくるウミネコのほうがまだ愛嬌があります。外見はアカエリヒレアシシギのほうがきれいですが。
津軽海峡は鳥だけでなく、イルカも見ることができるところです。そろそろイルカにも登場してもらい、調査を盛り上げてほしいものです。 文:神林

category: 航路調査

開花情報 5月17日、18日  

函館市、厚沢部町、江差町

昨日とおととい両方とも花を観察しに出かけてきました。土曜日は午後から天気が悪くなってしまいましたが、そのほかは比較的天気が良くてよかったです。2日間でさまざまな場所に行ってので、植物を含めてさまざまな生き物たちに出会うことができました。

チゴユリ
ツクバネソウ
クルマバツクバネソウ
エンレイソウ
オオバナノエンレイソウ
ユキザサ
マイヅルソウ
ミヤマスミレ
オオバキスミレ
ナガハシスミレ
オオタチツボスミレ
タチツボスミレ
ツボスミレ
ニリンソウ
ヒメイチゲ
エゾノリュウキンンカ
ノウゴウイチゴ
ミツバツチグリ
タチカメバソウ
シラネアオイ
ニシキゴロモ
オオバタネツケバナ
エゾワサビ
オオサクラソウ
ヒトリシズカ
コウライテンナンショウ
キバナイカリソウ
など

ミヤマスミレ

ミヤマスミレ

シラネアオイ

シラネアオイ

オオバキスミレ

オオバキスミレ

文責:おりりん

category: 自然情報(花)

航路調査 4月29日  

天候 晴れ
場所 函館・大間
参加者 折野、神林、高橋、橋本

確認種
ウミウ
ヒメウ
アカエリヒレアシシギ
カモメ
オオセグロカモメ
ウミネコ
ウトウ
ミズナギドリsp(Paffinus属)
ウミスズメsp

今回は新入りとともに航路調査に行ってまいりました。
後輩を育てるためにも鳥の見え方などの説明をする必要があるのですが、双眼鏡の扱いに慣れていない者に通過していく鳥をレンズに捉えることは難しく、説明もままならない状態で調査が終わってしまった気がします。頑張って双眼鏡の扱いに早く慣れてもらいたいですね。
また、海鳥類としては久々にミズナギドリの仲間の確認がありました。
ハシボソミズナギドリとハイイロミズナギドリが確認されたと思うのですが、どちらの種であるか確信が持てないため、sp扱いにしました。
これから発見されるミズナギドリの種類も増えたり、新しいメンバーも加わったりと、次からの調査が楽しみです。

神林

category: 航路調査

植物情報(4月27日)  

函館市内

今日は函館市内のあるところに植物を観察しに行きました。僕は去年のこの時期にあまり出かけなかったので、去年見れなかった花をみれてよかったです。先週にも行ったところにも行ったのですが、植物の様子が結構違っていてビックリしました。


植物
アズマイチゲ
キクザキイチゲ
ヒメイチゲ
ニリンソウ
フクジュソウ
ナニワズ
ネコノメソウ
スミレサイシン
ヒナスミレ
タチツボスミレ
オオバキスミレ
フイリミヤマスミレ
コミヤマカタバミ
キジムシロ
ヘビイチゴ
エゾエンゴサク
エゾキケマン
オオサクラソウ
カタクリ
エンレイソウ
カタクリ
キバノアマナ
ヒメニラ
ミズバショウ

フイリミヤマスミレ

フイリミヤマスミレ

オオバキスミレ

オオバキスミレ

キクザキイチゲ(青)
キクザキイチゲ


文責:おりりん

category: 自然情報(花)