茂辺地さけまつり 11月3日  

前回の更新から大分日が経ちましたね。
先週は茂辺地で毎年催されているさけまつりに参加してきましたよ~!

天気:雨のち晴れ
参加者:木村、立松、錦織、塚田、円谷、小黒、山中、小林



調べてみたところ、茂辺地さけまつり(リンク)は今年でなんと開催35回目とのこと。35年もやってるということなんでしょうか…?驚きです。

会場に着いたのは10時30分頃だったのですが、なんと天候が生憎の雨にも関わらずメインの駐車場が満車!とんでもない参加者数!ということで、臨時駐車場をたらい回しにされてようやく下車できた我々一行なのでした。

さけまつり01
(クリックで拡大されます)
こんな感じで、たくさんの出店が川原の上に立ち並んでいます。
奥に見えるステージで歌が披露されたり、大抽選会が催されたりなど、様々なイベントが行われていました。


そんな出店で振る舞われるサケ鍋で暖を取りつつ、一行はその時を待っていたのです。


……
………
そう!サケのつかみ取り抽選会を!!


このさけまつりの一大イベントとも言えるサケのつかみ取りは、参加希望者にくじを引いてもらい、抽選で当たりが出た方のみつかみ取りへの参加が認められるという仕組みで行われています。
広告に文字が躍っているのもあってか、待機列にはその日の最終抽選にも関わらずたくさんの人が押しかけました。

そのサケはビニールプール内を悠々と泳いでおり、プール周囲からつかみかかることで捕獲できる、ということなのですが…

さけまつり02

なんと、寒さをものともせず裸足でプールへ入っていく参加者も……。


今回手に入れたサケは、ちゃんちゃん焼きや鍋にしてその日の夜に美味しく頂きました。
解体・調理して下さった方、そして自然の恵みに感謝です!

大人数の活動だったのでとても楽しかったです。また来年に期待ですね~。



文責:こばやし


category: 活動報告

アポイ岳 2016/09/11  

アポイ岳に登ってきました!
天気:晴れ 
参加者:折野、武藤、細木、錦織

確認種

植物
ハンゴンソウ
エゾトリカブト
ウメバチソウ
ツリガネニンジン
チシマセンブリ
タカネヤズハハコ
ダイモンジソウ
アポイマンテマ
キンロバイ
モイワシャジン
マツムシソウ
ヒダカミセバヤ
ヒダカトウヒレン
イブキジャコウソウ
など


アマツバメ
カケス
ホシガラス
ハヤブサ(襟裳岬)
など

寄り道、道中、も含め今回の活動はとても充実したものになりました。

まずは何といってもアポイ岳。植物は普段気にかけていなかった分魅力あるものに感じました。
いくつか紹介します。

ハンゴンソウ 登山口
反魂草、葉が死者を手招きしているように見えることからこうなずけられたらしい。
IMG_4322_convert_20161011212535.jpg

マツムシソウ 八合目付近 など
スズムシがなく頃に咲くことが名の由来。日本固有種。基本越年草であるが高地では多年草である。
マツムシソウ

ウメバチソウ 各所
花がウメのようである。
ウメバチソウ

チシマセンブリ お花畑付近~山頂 など
高山に生息。花弁が特徴的。
チシマセンブリ

植物もよかったのですが

景色も最高!
アポイ 8合目

山頂の思い出!(ケーキ!!!)
アポイ 山頂 ケーキ

カケスを探すむとーさん!
アポイ ムトーさん カケス

アポイ岳だけでも十分満足でした...
が、今回の旅はアポイ岳ではない!まだまだあるのです!

襟裳岬!
襟裳岬 岬ポーズ

支笏湖!
支笏湖

ホッキカレー!(一人2.3人前)
三人前のカレー

スイカ!(一人2.5kg)
スイカ

楽しかったです!
先輩方今回の企画の程ありがとうございました。
また行きたいです!

文責:ニシキオリ


category: 自然情報(鳥、植物)

植物情報 9月3日  

横津岳、袴腰岳、烏帽子岳へ行ってまいりました。

見られた植物は以下の通りです。
・ミヤマアキノキリンソウ
・ハンゴンソウ
・エゾノコンギク
・エゾゴマナ
・ハナイカリ
・エゾオヤマリンドウ
・エゾシオガマ
・マルバヒレアザミ
・ツリガネニンジン
・モイワシャジン

天気はあいにくの霧。10m先が見えるか見えないか程度の視界だった為綺麗な景色を拝むことはできませんでした。
S_5023809140733.jpg
写真を見ていただければどれだけの霧だったかわかっていただけることでしょう…。
この霧の中熊鈴を鳴らす6人組が歩いている光景を思うとシュールなものを感じます。
残念ながら横津岳山頂までは行けませんでしたが道脇の植物を見ながらのハイキングといった感じで楽しかったです。
歩くだけでびしょ濡れだったので下山後の温泉は最高でしたね~
やはり天気の良い日にもう一度行きたい!!と思いました。



ミヤマアキノキリンソウ
ミヤマアキノキリンソウ

エゾオヤマリンドウ
エゾオヤマリンドウ



文責:キド



category: 自然情報(鳥、植物)

植物情報 5月1日  

函館山

タチツボスミレ
オオタチツボスミレ
ヒナスミレ
アケボノスミレ
スミレサイシン
ヒカゲスミレ
エゾエンゴサク
キクザキイチゲ
ニリンソウ
エンレイソウ
コジマエンレイソウ
など

先週末は、散歩がてらに函館山に行ってきました。春の花がたくさん咲いていました。花の開花時期は昨年と同じくらいかなといった感じです。この日は天気が良かったので、函館山からの景色も楽しめました。
話は変わりますが、今年も新入生がたくさん入会してくれました。今年もどのような感じで活動が行われていくのか楽しみです。

コジマエンレイソウ
コジマエンレイソウ

アケボノスミレ
アケボノスミレ

ヒカゲスミレ
ヒカゲスミレ


文責:オリノ

category: 自然情報(花)

航路調査 2月27日  

場所:函館―大間
天気:曇り時々晴れ
参加者:折野、神林、高橋

確認種

鳥類
ヒメウ
ウミウ
ウミスズメ
ウトウ
ウミネコ
カモメ
オオセグロカモメ
ミツユビカモメ
ウミアイサ
ハシボソガラス
アビsp
カイツブリsp

海棲哺乳類
キタオットセイ


@大間(航路での確認種除く)
ワシカモメ
シロカモメ
ホシハジロ
マガモ
カルガモ
コガモ
キンクロハジロ
スズガモ
コクガン
オオハクチョウ
ツグミ
カワラヒワ
スズメ
ハシブトガラス

kokugan by kamba
コクガン(撮影:神林)

風が強く寒い中の調査でしたが、大間にて多くのコクガンと遭遇でき、癒されました。
コクガンは110~120羽おり、採餌を行っている個体もいました。

これでしばらく、大間とはお別れです。

文:神林

category: 航路調査